意外と厄介な動物は多い|身近な鳩も対策が必要になるケースもある

一軒家

脅威となる虫

蜂の巣

身の回りにはさまざまな虫が存在しますが、その多くは直接害を及ぼすようなことはしません。しかし害を及ぼす虫としてハチがいます。ハチでもスズメバチは攻撃性が強く、また人間の住んでいる家に営巣することがあります。このため、ハチの巣は被害が出る前に駆除する必要があります。

Read

ハチの駆除

蜂

ハチの巣を素人が駆除するのは危険なので、必ず専門の業者にハチ駆除を依頼するようにしましょう。どの業者にハチ駆除を依頼したらいいかわからず困ったときは、全国対応可能な大手業者を利用してみると良いでしょう。

Read

危険から身を守る

ハチの巣

蜂の巣が家に作られてしまうと、恐ろしくて心配になってしまいます。近所の人にも迷惑をかける恐れがあります。蜂の巣を発見したら、すぐに駆除する必要があります。自力で駆除をすることが難しい場合は、専門の業者に依頼しましょう。

Read

被害を最小限に抑える

ハト

飛来できない工夫

野鳥対策を行うタイミングは、駆除・退治・捕獲のプロである業者であれば図ることは可能ですが、個人では現状として被害がどこまで拡大し、進んでいるのか確認は必須です。鳩はオス・メスの2羽で行動する野鳥で、出入りする現場を確認できた場合、巣作りが行われている確率も高めです。対策として乱反射するCDや忌避剤を試すのが一般的です。警戒心を鳩に植え付けるのが対策として重要で、その後、物理的に危害があると判断できる微弱電流による策が効果的です。忌避剤も、偵察となる初期段階で設置するのが有効的です。駆除や退治が難しい飛来する鳩の場合、爆音となる空砲による威嚇も行われていますが、慣れてしまう問題も生じます。対策として重要視すべきは飛来箇所をなくす・作らない点です。個人・法人向けにも言える内容で、それまで寝床にしていた帰巣本能が働くのが鳩特有の習性で、対応策です。

周囲にも影響するから

法人・個人問わず、鳩の被害に遭うトラブルは増えています。駆除・退治するには空と陸では難しく、寄せ付けないための対策が大事です。人気なのは専用ネットの施工ですが、女性や高齢者が行うには技術的に難しいため、業者へ依頼することが得策です。というのも、ネットの張り方によっては緩み・たわみが生じます。ネットの設置幅が広ければなおのこと、結果、鳩は体のサイズより一回り小さい隙間からも潜り込めるため、形状の異なる施工場所にたわみを作らないことがポイントです。駆除・退治専門であれば、集合住宅などによる近所の鳩に対する中小規模の被害も同時に対処できます。周囲の対策がされない限りは、みたび被害が生じるため、品質のよいネット選びから施工、アフターフォローまで行うプロに任せることが評価されています。