危険から身を守る|意外と厄介な動物は多い|身近な鳩も対策が必要になるケースもある

意外と厄介な動物は多い|身近な鳩も対策が必要になるケースもある

男女

危険から身を守る

ハチの巣

種類を確認する

蜂はとても危険な昆虫です。日本にいる蜂は大きく分けると3種類です。特に危険な種類が、スズメバチです。スズメバチは非常に攻撃性が高く、猛毒を持っています。蜂の巣に近づいてしまうと、大群で襲ってくる可能性があります。次に危険な種類は、アシナガバチです。スズメバチと比べると攻撃性は低いですが、もちろん毒を持っています。最後はミツバチです。ミツバチは3種類の中では一番おとなしいです。ミツバチは、一度人を刺すと死んでしまいます。そのため、滅多に人を刺すことはありません。どの蜂も共通して危険性があります。そのため、できるだけ蜂の巣に近づかないようにしなければなりません。家に巣が作られてしまった場合は、早急に駆除すること必要があります。

十分に注意すること

蜂の巣の駆除は、専門の業者に依頼することが一般的です。知識がないまま駆除することによって、刺されてしまう可能性もあります。どうしても自力で駆除したい場合は、服装や手順を確認する必要があります。蜂の巣を駆除する際の服装は、肌の露出がないようにしなければなりません。長袖と長ズボンの他にも、帽子やゴーグル、長靴が必要となります。蜂が服の中に侵入しないように隙間をつくってはいけません。特に蜂は黒に反応するため、髪の毛を隠す帽子と黒目を隠すゴーグルは必需品です。蜂の巣の駆除は一瞬です。殺虫剤を噴射して、一気に巣を長い棒で下に落とします。その後蜂の気配がなくなったことを確認して、巣を処分します。危険な作業なので十分な注意が必要となります。