脅威となる虫|意外と厄介な動物は多い|身近な鳩も対策が必要になるケースもある

意外と厄介な動物は多い|身近な鳩も対策が必要になるケースもある

男女

脅威となる虫

蜂の巣

虫は、身近に存在する生き物です。虫のほとんどは人間に対して直接、害を与えるものではありませんが、害を与える虫としてハチがいます。ハチといっても凶暴性があり、かつ人間に対して被害を及ぼす可能性が高いのがスズメバチです。ハチの巣は雨がかからない場所に作られることもあり、人家の軒先などに作られます。アシナガバチなどは一時的な営巣ですし、攻撃性も弱いのでそれほど脅威にはなりませんが、スズメバチは長期間に亘って営巣するため、ハチの巣を知らずに近づくなどすると防衛反応から襲ってくることがあります。特にスズメバチは毒性が強く、場合によっては死亡するケースがあり危害が及ぶ場所にスズメバチのハチの巣がある場合にはすぐに駆除する必要があります。

ハチの巣の駆除は、個人で行うには危険が伴います。離れた場所から殺虫剤を浴びせられる環境であれば、市販の殺虫剤を使って駆除することも可能ですが、それらは露出しているハチの巣に限られます。露出しているハチの巣は、アシナガバチなどが中心であり、そもそもアシナガバチは繁殖期間が終わると巣を捨てるので邪魔になる場所でなければ放置するのも手段です。一方でスズメバチの場合には駆除せずに放置するのは危険です。スズメバチのハチの巣は、外殻を持っており、巣そのものが露出していません。このため、殺虫剤を直接浴びせるといったことができません。ですから、業者に依頼することになります。費用の相場としてはスズメバチであれば1万円から2万円までで、巣が大きく攻撃性が強いオオスズメバチでは3万円程度が相場です。なお、ハチの巣の駆除は自治体によっては助成金を設定しているところもあります。